症状

後頭部から肩甲骨、背中へのコリや不快感、痛みなどが生じます。また、片側の肩や腕、指の力が入りずらくなったり、痺れが生じることがあります。

症状によっては箸が使いにくくなったり、ボタンをかけづらくなることもあります。 時には足がもつれたり、排尿障害などが生じることもあります。

原因と病態

首の骨をつないでクッションの役割を果たしている椎間板が加齢によって変化し、線維輪や髄核が神経根や脊髄を圧迫することよってしびれや脱力感、排尿障害などが生じます。
30~50歳代の男性に多く発生することがあります。

診断

首を斜め後ろへ倒し、頭を上から圧迫することで痺れや痛みが出現(増強)します。また、手足の力が弱くなっていたり、痺れが生じていないかなどにより診断します。

これらの診断とMRI画像を確認し、確定診断を行います。

頚椎椎間板ヘルニアのMRI

治療

痛みが強い時期には首を後ろに倒すのを避けるように注意し、頚椎カラー装具を着け、安静保持を心がけます。また、消炎鎮痛剤を服用したり、牽引療法やリハビリを行うこともあります。

これらの方法で症状が良くならず、日常生活に支障がある場合や、歩行障害・排尿障害などを伴う場合には手術を選択する場合もあります。詳しい手術方法に関してはこちらを御参照ください。

ページの先頭へ