症状

長い距離を歩くことができず、腰をかがめたり、しゃがみ込み休息することで再び歩くことができるようになる間欠跛行という特徴的な症状があります。

足やお尻、肛門周囲の痺れやほてりが生じます。症状が進行すると尿の出が悪くなったり、尿漏れなどの症状が出現する場合もあります。

原因と病態

神経が通る脊柱管が何らかの原因によって圧迫されることで症状が出現します。加齢や労働などによって変形した背骨や椎間板、厚くなった黄色靭帯などによって脊柱管が狭くなります。狭くなった脊柱管によって神経が圧迫を受け、神経の血流が低下することで発症します。

診断

レントゲンによって骨の変形などを確認することが可能です。より詳しく調べるためにMRIやCT、脊髄造影(ミエログラフィー)を行う場合もあります。

腰部脊柱管狭窄症のMRI

治療

保存療法としては、リハビリや血行を良くする薬の服用、ブロック注射やコルセットなどの装具療法があります。

これらの治療を行っても間欠跛行が進行し、日常生活に支障を来す場合には手術を行います。詳しい手術方法に関してはこちらを御参照ください。

ページの先頭へ