症状

腰が痛くなったりお尻や片側の足に痛みや痺れがでたり、足に力が入りにくくなることがあります。また、痛みを回避するようにかばうように腰に手を当てたり、上体をかがめて歩きます。

反復する腰痛があったところに重たいものを持つなどして症状が急激に生じる場合と、長時間座ったり、同一姿勢を続けると腰やお尻、足の重苦しい痛みが徐々に生じる場合があります。

原因と病態

腰椎椎間板ヘルニアとは、背骨をつないでクッションの役割を果たしている椎間板の線維輪や髄核が突出して神経根を圧迫する事で腰や足の痛みを引き起こします。

圧迫される神経根によって筋力が弱くなったり、痺れが発生する場所が異なります。 20歳代、30・40歳代の活動性の高い男性に発生する事が多いです。

突出した椎間板が神経根を圧迫 突出した髄核が神経根を圧迫

診断

下肢伸展挙上テストによって足に痺れ・痛みが出ないか、足の感覚が鈍っていないか、足の力が弱っていないかなどによって診断を行います。

また、MRIやレントゲンなどによって確定診断します。

腰椎椎間板ヘルニアのMRI

治療

大半の場合は3ヶ月以内に保存療法で良くなります。痛みが強い場合には安静を心がけ、コルセットを着けたり、消炎鎮痛剤を服用します。また、ブロック注射を行い痛みを和らげるのも有効です。

痛みが軽減した後にリハビリを行います。リハビリでは体の柔軟性を改善させるストレッチや腰痛体操、腰に負担をかけないような日常生活指導を行います。

しかし、これらの保存療法で軽快しない場合や、急激に運動麻痺が進行する場合には手術適応となります。詳しい手術方法に関してはこちらを御参照ください。

ページの先頭へ