症状

主な症状は膝の痛みと水がたまることです。初期では立ち上がったり、動き出す時に痛みが生じ、徐々に正座ができなくなります。

更に症状が進行すると膝がO脚に変形し、膝が伸びなくなり夜間時や安静時にも痛みが出るようになります。

原因と病態

原因としては、性別や人種などの遺伝的要素や、労働やスポーツなどの生活習慣、肥満による膝への過剰な負荷などが挙げられます。高齢になるとともに発生頻度は高くなり、日本では高齢の女性に多くいます。

一般的に加齢に伴い関節軟骨は弾力性を失い弱くなります。そこに体重などの負荷がかかることにより関節軟骨がすり減り変形していきます。

診断

膝関節の動く範囲やO脚変形、膝の腫れなどを調べ、レントゲンの画像と総合的に判断して診断を行います。必要であればMRI検査などを行います。

正常 異常

治療

多くの方は手術を必要としない軽度の方です。そのため、消炎鎮痛薬の服用や膝関節内にヒアルロン酸の注射などを行います。

また、リハビリも有効であり、大腿四頭筋(太もも前面の筋肉)を鍛えたり、膝関節の動きを改善させる訓練などを行います。

これらの治療でも疼痛が強く、歩行困難などの症状によって生活制限が強い場合には手術を検討します。詳しい手術方法に関してはこちらを御参照ください。

大腿四頭筋トレーニング 手術後のレントゲン
ページの先頭へ