症状

肩関節に痛みが生じ、髪を整えたり、エプロンを結ぶことなどが不自由になり、関節の動きが悪くなることがあります。
痛みは寒い時や夜間に強く、肘まで痛みが広がることもあります。

1年から1年半で日常生活に支障がなくなることが多いといわれますが、痛みや動きに制限が強い場合には治りにくいこともあります。

原因と病態

40~60歳代に多く、病態は様々です。加齢によって関節の周りの筋肉や腱などが老化し、肩関節に炎症が生じることが主な原因と考えられています。

肩関節を包む袋(関節包)が短縮すると肩関節の動きが更に悪くなります。

診断

肩関節に痛みを生じる疾患は五十肩の他にも肩腱板断裂や石灰沈着性腱板炎などがあります。
そのため、肩関節の動きの制限がないかを調べたり、痛みの部位を確認したりします。

また、レントゲンや必要であればMRI検査などを行い、鑑別診断を行います。

治療

自然に治ることもありますが、放置しておくと動きの悪さが強くなり、日常生活が更に不自由になることがあります。

痛みが強い時期には痛みを伴う運動を控え、安静を保持します。
消炎鎮痛剤や関節内注射が有効です。痛みが落ち着いてきた時期には、リハビリが有効です。

肩関節の動きを改善する練習を痛みのない範囲で行ったり、入浴などの温熱療法や筋力トレーニングなどを行います。

ページの先頭へ